改造ありきで買ってしまったラブボディの蹂躙記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さてそろそろ涼しくなってきたので再開しようかと重い腰を上げたとたん台風と真夏日のコンボwwwww

とはいえ、一度始めてしまったので落ち着くとこまでは終わらせて眠りにつくとします。

まずはお尻ー!
fm2-2301.jpg

 

 
前回Tバック状態で終わったお尻部分ですが、まず両側から肉に挟まれる部分を予め削っておきます。

その後、買い足してきたスポンジ板をバンバンと貼って切り出していきます。
fm2-2302.jpg
改修前はフィルムタイプのシリコンおっぱいを逆さにつけてお尻の肉としたのですが、今回はスポンジで形成します。理由としては以下の点があります。

1.改修する際、シリコンおっぱいのフィルムが破れてしまい再利用不可www
使いようのないシリコンおっぱいだったからこそ使ったのであって、お尻のために買ったわけではありませんでした。下記に続く理由により再購入はしませんのでスポンジで作ります。

2.重い!
1キロありましたからねぇ…あんな変な場所にそんな重量物があったら、直立のバランスなんか取れる訳ありません。

3.形が悪い
写真にはそれなりに写っていたかもしれませんが、所詮オッパイ。パーフェクトなお尻形状にはなりえませんよ。その反面手触りは完璧なので、余計に他の部分との落差や形の悪さが目立ってしまいます。


という訳でスポンジ工作です。あまり細かく考えずに若干大きめになるようにスポンジ板を切り出して貼り付けます。手で曲げれば曲面にそってスポンジは当然曲がりますが、接着剤の力では維持はできません。少なくても当サイト一押しのウルトラ多用途プレミアムソフトでは無理。

試しましたから'`,、('∀`) '`,、

前に使っていたG10なら出来るかもしれませんが、あれは接着後の臭いが半端ない。何度も書いてますけど。スポンジ同士が接着剤に反応して溶けて固まった部分自体の臭いなので、放置すればそのうち抜けるたぐいの臭いではありません。長期間放置すれば多少薄まりますけど。

接着力の強さ、速乾性、スポンジの上での伸びの良さ、値段の安さなど最強のスペックを誇っているのですが、臭いだけが最大の問題であり、用途的に受け入れ難い点になってしまいます。気にならないのであれば間違いなくお勧めですが、私は無理。個人差がありますので、小さいチューブのを買ってきて試してみるのもいいかもしれません。

その点プレミアムソフトは臭いが酷くないという点以外、ハッキリ言って全部負けてます。接着した面が微妙に硬いゼリー状になって工作しにくくなる点までありますから。ただG10にない能力にポリプロピレンへの接着ができるという点があります。これまでも鎖骨や指などに使用した白い円柱状の素材はポリプロピレンですので、たいていの接着剤では無理です。それができるというのが、プレミアムソフトの最大の利点でしょう。

いつものことですが脱線しました。

以上のようなわけで、くさび状になった切れっ端を両面に接着剤を塗布した間に挟み込んで曲面との段差を解消してやります。こういう用途があとから何度も出てくるので、大きめの切れ端は捨てずにとっておくのが吉です。

固まったところでスポンジ彫刻。片方をやって、それに合わせるようにもう片方もやります。


次は上半身の改修。
fm2-2304.jpg
背中が痩せすぎという前回の状態を改修です。最初は出すぎた胸部を削ろうかと思ったのですが、肩甲骨辺りの形がなってないということもありますし、ヘソを形成するにあたり糸を通す過程で腰の周りがボロボロになっていたので、残っていたスポンジ板を全部背中に貼り付けました。

これで2枚買ってきたスポンジ板のうち1枚は終わり。また手持ちのプレミアムソフトも使いきりました。

さっきは段差の埋めるのにスポンジを突っ込みましたが、今回はラップで包んでみました。さっきほど曲面が極端じゃないってのもありましたが、せっかく買った梱包用のラップなので使ってみたかったのです。

これが梱包用のラップ。
fm2-2303.jpg
家庭食品用のものより伸縮性に富み、ラップフィルム同士の粘着性が強い。これを使えば、随分前になりますが、レンだかアキで失敗した時のようにラップで形成なんか無理じゃないかぁーーー!!!なんてことにはなりにくいでしょう。実にコントロールしやすい、家庭用ラップに比べれば。

コレをあの時使っていれば、ここまでドツボにはまることもなかったんでしょうねー・・・あの時は知らなかったんだよ…orz

でも簡単ではないですよ。誤解のないようにハッキリ書いておきますが。

ただカッターを使用したスポンジ彫刻よりかははるかに楽でしょう。

一番楽なのはラブボディをベースに綿詰めでしょうが、デフォルメされている形状に不自由を感じ、次のステップとなった場合には取っ付きやすい方法ではあると思います。この辺の詳しい説明は
ラブボディWikiの記事を参照ください。私の改造もそもそもそこが出発点なのですから色々参考になりますよ。


とりあえずこの状態で接着が完全固定されるであろう72時間を放置します。固まってどうなっているかですねー。ちゃんと付けばよし。結局段差は埋めなきゃ駄目でしたになるかもしれないし。

ではまたノシ
 
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ:日記 - ジャンル:アダルト

<< 48時間しか経ってないけど // ホーム // 再び放置する前に >>

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック URL
http://lovebody478.blog14.fc2.com/tb.php/104-9b8291f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。