改造ありきで買ってしまったラブボディの蹂躙記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

じゃなくて、想定外の進展をしてしまいました。

ボディからやるのは定石だと思うので、やろうとしたものの残っているスポンジの在庫が足りませんでした。クルッと丸めてボディの両側にと切ってしまった(←寸法ぐらい測れよというツッコミは無用に願いますw)スポンジは帯に短し襷に長し。

ただでさえ在庫がないってのに…



そこで、まだどのように進めるか決めていない腕の工作に急遽切り替えました。

DSCN3445.jpg

スポンジを補給してからでも良かったんだろうけど、せっかく上がったテンションは買い物行っている間に下がってしまうおそれがあるし、一番怖いのは、モノを買って満足してしまうという病気の発生ですw

そのような訳で、手のひらや肩をどうしようか決めていないですが、とりあえず作ってしまえと強行しました。

前回は腕まで行かず、足と胴体で終わってしまったので、今回はじめての挑戦です。足の時に発生したスポンジの圧力の一定化をどうするかについて、この長いブランクの間考え自分なりに到達した方法を試します。

DSCN3446.jpg

上腕と前腕の骨に布製の両面テープを裏表に貼ります。これで巻き始めを固定することができるのでかなり安定します。

DSCN3447.jpg

一巻きするごとに両面テープで固定します。

DSCN3448.jpg

見事安定しました。

ちなみに今日は左右両方の腕を作ったのですが、一本は既述通り一巻き一巻きテープで固定をやったのですが、もう一本は最初と最後だけ固定という方法をとってみました。

安定という点においてはどちらの方法をとっても同じです。

ただ一巻き一巻きしたほうが曲げたときスポンジが擦れて軋むような音がしません。その代わり関節部分の復元力が大きく、曲げた状態から解放すると、結構な力で張り手をかましてくれますw それだけの力が出るので、当然ながら、若干細めに仕上がり、弾力も微妙に硬いです。細い部分は薄いスポンジシートを巻いてやることで解決しました。

最初と最後の二ヶ所だけ固定した、手抜き工法では関節の復元力はそれほど強くなく(それでも曲がったままにはなりません)弾力も柔らかいのですが、曲げたときギュ~ギュ~という嫌な音が出ます。

(後日追記:音は出なくなりました。中が緩んだってことですかね。でも外側は固定してあるし、表皮に入れてあるので、形が崩れたり外径が変わるってことはありません。)

明らかに差が分かる部分は音の部分だけで、触った感じなどにはほとんど差がありません。このやり方は足にも応用していきますが、個人的には一巻き一巻き固定していったほうがいいと思ってます。

あと関節部分のスポンジを撤去して、ちゃんと曲がった姿勢を保持できるようにしようかと、はるか昔は考えていたのですが、前回骨が出来上がった時点でその考えは捨てました。あの関節に保持力はほとんどありません。関節部分のスポンジをフリーにしてもクネクネだらしなく曲がるようになるだけでポーズの固定は無理です。昔みたいに太いケーブルやねじねじ棒といったもので保持してやれば別でしょうが、あれらの部材と骨をどうやって固定させるかという難題が未解決のままですので、今回はスルーしました。接着剤はダメ。タイラップでもダメ。クランプで固定すればゴツすぎて、スポンジの弾力を著しく損ないます。曲げるたびにケーブルが動いてしまうのが問題なんです。完成当初はそれなりなんですが、何度か曲げたり伸ばしたりを繰り返すうちに、ズレてきちゃってどうにもならなくなります。前回ご破算にしたのも、実はこれが原因の一つでした。


続けます。

DSCN3450.jpg

切断面はハサミで斜めに刈り込んでやります。カッターでは力が吸収されてしまい歯が立ちません。なかなかうまく形になりませんが、根気よく少しずつ摘んでは切るを繰り返して整形します。

DSCN3458.jpg

完成した両腕を全身タイツに入れてみました。


いいっす!(;´Д`)ハァハァ


何やってんだ俺は、馬鹿じゃなかろかという心の声を無視して続けたかいがあるってもんです。

さらに肘関節に回転軸を入れたのは大正解。スポンジで固定されているのでほとんど回りませんが、自然なねじれが演出出来ています。


曲げるとこんな感じ。

DSCN3457.jpg

縛っておかないと曲げたままになりません。


左側の手首だけ妙な形をしていますが、こいつを実験的に使ってみました。

DSCN3449.jpg

テーピング用の粘着する包帯です。どっちがいいか分からなかったので両方買ってきましたが、白い固定タイプはガムテと一緒ですね。弾力を保持したり、伸縮を期待する部分には使えません。

手のひらの処理方法が決まったら手首をきちんと作り上げますので、その際にまた登場すると思います。あとスポンジを巻いた部分の段差を少しでも目立たなくするためにも役に立ちます。どちらにしろ5メートル1メートルしかなく、アッと言う間に使いきってしまったので追加で買ってこないと、この先は続けられません。


というわけで両腕は完成です。スポンジの追加やその他部材の補給を終えてから手のひら&指、足、胴体と続く予定です。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ:日記 - ジャンル:アダルト

<< オーテーテー // ホーム // ただいま >>

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック URL
http://lovebody478.blog14.fc2.com/tb.php/19-213c0b19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。