改造ありきで買ってしまったラブボディの蹂躙記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こうなることはご覧の皆様も作っている本人も分かってはいた事なのですが、思いの外上半身に手間取りました。

まず昨日完成したはずの胸ですが…

25-10.jpg

このまま積層を重ねてスポンジによる胸を表現するのであれば、正しいアプローチだったのですが、人工乳房を載せるにはちと曲面がありすぎ。

というわけで…




バッサリw

26-01.jpg

ここから胸の平滑化、肩の肉埋め、脇腹、背中とやっていったのですが、今日は飛ばしていたので、途中過程の写真を撮っていません。

というわけで結果をどうぞ。

26-02.jpg

まず谷間を埋め立てました。いっそのことスポンジで乳房を作ってしまおうかと思いましたが、さすがに思いとどまりました。造形としてはそれほど難しいとは思いませんが、やはり感触はね。いくらシリコンには及ばないヤフオク乳房とは言えゲルですから、その手触りはスポンジよりはずっといいです。タプっと来る重さはスポンジには無理です。見た目の完成度は多分スポンジのほうが上だと思いますけどね。なんと言っても土台から曲面を引き伸ばしてこられるのですから、谷間だって自由自在。でも動かない谷間はね。見て楽しむだけならともかく(以下ry

丸いスポンジシートは、乳房のくぼみに対応するものです。このぐらいの凹凸で充分だったということが、後でわかりました。場所に関してはピンポイント接着なので、問題があればあとで移動できます。

鎖骨の上も埋まりました。

背中はこんな感じ。

26-03.jpg

肩甲骨の谷間が深すぎたので、それも含めて埋立~。脇腹もちゃんと埋めました。現在のウエストは64cmぐらいですかね。ほぼ目標通り。

さていよいよ肩に行きます。

26-04.jpg

ここからはその工法ゆえ、腕と本体は接続固定しないと進めません。久しぶりに登場のウォーターポンププライヤー。ガッチリくわえ込んで、体重をかけたぐらいのとは比べものにならない力で、ジョイントにパイプを埋めこんでいきます。こうなったら普通は抜けませんが、何が起こるか分からないのがこの世の常なので、抜け防止のタッピングビスは差し込んでおきます。

26-06.jpg

でこの腕と肩の間は直線で10cmぐらいですが、そこに敢えて15cm幅のスポンジを圧縮しながら巻き込んでいきます。このやり方なので、接続しないとできないというわけだったのです。

そして、完成。

26-07.jpg

圧縮されたスポンジが広がって、だいたい想定通りの形状になりました。腿と腰の接続もこれと同じではないですが、似たようなやり方で処理する予定です。

こうやって写真に撮って初めて気が付きました。


アンダーバストが広すぎだろJK


ちょっとクビレの形が極端に違いすぎる。もう少し肋骨側を削り込まないとダメですね。なんかアンダーバストが70近くて、おかしいなと思ってはいたのですが、ここまで不恰好になっているとは気がつかないもんです。

やはり製作途中で一歩引いて眺めたり、写真に取って客観視線で確認することは大事ですよ。

というわけで…あしたこそ下半身かな?平日なんでちょっと読めません。

ではまた!(・∀・)ノシ
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ:日記 - ジャンル:アダルト

<< 緊急速報 // ホーム // ボディ第二日目 >>

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック URL
http://lovebody478.blog14.fc2.com/tb.php/30-3d2eb355
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。