改造ありきで買ってしまったラブボディの蹂躙記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっと天気と都合があったのでバババッと塗装してみました。

DSCN5718.jpg

この写真とタイトルで分かると思いますが、いろいろダメダメですw






使用した塗料はこれ。

DSCN5723.jpg

nlsの実験コーナーみたいなとこで、ラブボディを塗装して見るネタでも使われていたと思います。一捻りしたのは艶消しコートを使ったことぐらい。


染めQを使わなかったのは、コストと塗装の難しさ故。以前染めQは別の用途で使用したことがあるのです。ものすごく粒子が細かくて軽く、外で吹くなら完全な無風状態でなければ、塗料が目標物に届く前に飛ばされて散ってしまいます。かと言って屋内で吹くとなると、相当しっかりしたペイントブースのようなものを用意しておかないと、部屋の中が染まってしまいます。粒子が軽いので目標物にぶつからなかった塗料がいつまでも空中に漂っていて、ちょっとした空気の流れに乗って部屋中に拡散しちゃうというわけです。

こんな調子で無駄が発生しやすいのに、スプレーの値段が… その代わり仕上がりは抜群なのは間違い無いです。塗料が乗るのではなく染まってしまうので、耐久性もしっかりしているし、しっとりした自然な風合いってのは缶スプレーじゃ出せない品質でしょう。お金に余裕があって塗装に必要な技術と環境が揃っている人は染めQのほうがいいと思います。


さて缶スプレーの続きです。最初の写真をご覧のとおり、クリーム色のスプレーだけじゃテカテカになりすぎです。製品として艶消しがあるのは白のみで、他の色は全部艶あり。ホムセンの店員の話では、いかにも上から艶消しをかけてます的な見た目になりますよ、とのことでした。艶自体は消えないんだけど、艶のエッジがボケて見えるということらしい。

果たして店員の言うとおりになりました。

DSCN5724.jpg

テカテカのままよりかはマシだけど、たしかに艶のエッジがぼけただけで、フラッシュの反射の仕方などを見ていると、元からの艶消し塗料ではない艶の出方をしています。

ということはあの店員はラブボディ塗装の経験者か…!(違




まぁそれはいいとして、もっと深刻な問題はこれ。

DSCN5728.jpg

色が違いすぎ…!

数あるバリエーションの中から唯一肌色に使えそうなスプレーだったのに、結果がこれではもはや絶望的状況です。色の違いはある程度予想はしていましたが、っていうか違って当たり前とは思っていましたが、ここまで違うとは想定外。腕や足をも同じ塗料で塗ってしまえば或いは…とも思いましたが、顔もある以上どうにもなりません。

前回ビニール膜で失敗したつなぎ目の処理は、使っていない全身タイツの一部を切り出して伸縮自在な皮膚代わりにしようと思っていたのですが、ここまで色が違うと継ぎ接ぎ人形になってしまいます。というわけで、このアイデアは断念!

スプレーで塗装するとなると、自分で調色して作った塗料をエアブラシ等で吹けるような環境を持った人の特権ですな。ちなみにこのボディを塗装するだけで、400mlのスプレーをほとんど使いました。これを手足まで広げるとなると相当の量の塗料が必要になりますね。


更に追い打ちをかけるように問題点が浮き彫りに!

DSCN5725.jpg

DSCN5726.jpg

透明の時は余り目立たなかったんだけど、一旦非透過状態になるとバリが気になりすぎです。上手く切断出来ればいいですが、ところどころ綿が飛び出ているのは失敗して穴になってしまった箇所。おまけにたとえ綺麗に切れたとしても、貼り合わさっている角は滑らかになりようがありません。その上バリがなくなる分耐久性に問題が出てくるでしょう。

全体的に出ているシワも気になります。空気嫁のままなら、空気圧で消えるシワなんですが、全身可動化改造が祟って十分な圧力をかけられません。継ぎ目から綿が溢れでちゃいますからな。シワもバリも尖った角も消えないということなら、たとえ背中にジッパーで出ていようが全身タイツのほうがまだマシだなと。

2chスレにも書いてありましたが、このビニールのボディって結構固いんですよ。確かに彫刻をせずに中身を突っ込むだけで形が出来上がるってのはすごい魅力なんですが、絶対に肌の触り心地ではない。

結局スポンジ彫刻に全身タイツを着せたフレマネが自作等身大ドールの正解のような気がします。もちろん自分の好みではという話ですが。

このままではまたレンを途中廃棄して、スポンジフレマネもう一体ということになりかねませんので、とりあえずこのまま一度は完成させます。ただし全身タイツで人形を包みます。手足と顔だけビニールが剥き出しになってしまいますが、全身継ぎ接ぎよりかはマシでしょう。

ビニールボディをスプレーで塗装する方法は、空気嫁のまま非透過化したいという要望に応える選択肢の一つになり得るとは思います。ストッキングや全身タイツで包む以外の選択肢。塗っては乾かし、あとでもう一吹きして重ねるという工程を繰り返します。塗料で3重艶消しコートを2回重ねるという念の入れ方もあったとは思いますが、乾いた塗膜安定しており、塗料が剥離するという気配もありません。

今回は色々想定外なことが多発しましたので、やる気スイッチがオフになる前に、次回に向けて、組み立ててそれっぽい形を目指すとします。

ではまたノシ

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ:日記 - ジャンル:アダルト

<< オナホウォーマー その1 // ホーム // 雨がやまないと先に進めない・・・ >>

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック URL
http://lovebody478.blog14.fc2.com/tb.php/65-7d34edc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。