改造ありきで買ってしまったラブボディの蹂躙記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初代フレマネの廃棄処分決定が下されましたので、早速おっぱいを撤去して、新たに1セット買って試そうとしていた実験を行なってみました。

方法論の前に作業環境の製作です。

op02-01.jpg

ダイソーで売ってた発泡スチロールの球。これを半分に割って、台座とします。




 
中心に乳首を当てて覆いかぶせるように乗せて、四方向をセロテープで固定します。

op02-02.jpg

これにより一定量の圧力が乳房にかかり中身の摘出量を制御しやすくなるかと思いやってみました。


こんな感じに、浮いている部分を押してやればムニッと出てきます。

op02-03.jpg

出てきたシリコンの塊をはさみでサクッと切ります。あんなに引きちぎれずに苦労させられたシリコンがハサミで意図も簡単に切断できます。まさにサクッという感じで切れてしまいました。ただ最初の2回ぐらいは簡単に中身が押し出せるのですが、3回目以降となるとかなり上手く押してやらないと、ハサミを持つため片手が使えず、相当苦労させられます。最終的に足を使いました。机の上でやるより、ちゃぶ台に類するような低い机でやったほうがいいと思います。

この摘出作業を繰り返し、片方から45グラムのシリコンを摘出しました。内容量を揃えるため、秤を使いましょう。


大穴が開きました。

op02-04.jpg

オッパイの台座は洗車用のスポンジです。フレマネのストッキングでできた内皮に何とか固定させようと強力な両面テープを使用しました。しかし布地には最低限の接着力しか発揮せず、ズレこそはしませんでしたが、布地より他の部分への接着が強すぎて、片方の乳房の一部は破けてしまいました。一旦くっついたこのテープは本当にはがれにくいのです。上で乳房を固定するためにセロテープを使用しましたが、それすら食いついてしまい、あわやという状況になりました。


ローションをたっぷり入れて、穴の周りに幅1cmほどの接着剤ベルトを形成します。

op02-05.jpg

接着剤はボンドウルトラ多用途SU。皺になった表面に馴染むように、直接チューブから表面に輪を描くように塗りつけたあと、それをヘラでかき混ぜるように広げていきます。


蓋はスーパーのショッピングバッグの切れ端です。

op02-06.jpg

なるべく空気を入れないように、端からつめ先で空気の玉を追い出すようにゆっくり貼り付けていきます。


強度を確保するため、さらにもう一枚重ねます。

op02-07.jpg

一枚目の接着剤の外周と同じぐらいの大きさの円を接着剤で作り、貼り付けます。


24時間後~

op02-08.jpg

完全に硬化して、かなり強い皮膜になり破けたり剥がれて漏れだすような気配はまったくありません。


平面上に置くとこんな感じ。

op02-09.jpg

かなり均等に中身を摘出できたと思います。シワのよりかたが前回とは段違いに良くなっていると思います。

前回はこの有様でしたから…'`,、('∀`) '`,、

DSCN5419.jpg


このオッパイは曲面上に適応するようにできていますので、平面上に置くとシワが出てしまいますが、曲面上に貼り付ければこのとおり!

op02-10.jpg

ただ張りが出た分だけ、前回より硬い感じはします。シリコンのままよりは流動性に優れる分、柔らかくなるのですが、ローションを穴の縁までたっぷり入れましたので、伸縮しない外皮に包まれた内容物は、揉まれて生じる圧力の逃げ場がなく、より強い反発力として感知されるようになってしまうというわけです。かと言ってローションを減らせば、シワが出やすくなり、曲面に貼ってもピチピチのオッパイにはならなくなってしまいます。

ビニールの伸縮しない外皮の代わりに何かゴム膜でも利用すればよさそうなもんですが、誰でも考えつきそうなことなのに、出ていないってことはやっぱりダメなんでしょうね。ゴム膜にすれば、ブリードとは無縁になりませんし、下手すれば興奮のあまり割ってしまうかもしれない。割らないまでも普段の保管はブラジャーなどの固定具で保管しておかないと、伸びて型くずれを起こしてしまう可能性もあります。

ってここまで書いて気が付きました。上記のことを全部導入したのがキューティーティッツってわけだなと。ブリードが出るけど張りがありながら柔らかく、普段の保管はブリスターケースに入れて型くずれを防ぐなどなど。単体で遊んでふぅ…(゚д゚)ならブリードはいいんですが、やはり人形の1パーツとして衣服が接触する用途にブリードは痛すぎる…。そりゃー頻繁に洗濯できるならいいんだろうけどね。

ベラボーに高い舶来モノやカスタムメイドの人工乳房では解決されてんですかね。

今回の実験の結果から言えるのは、膜で囲まれたタイプの乳房はこういうもんだと諦めてノーマルで使用するのが吉だと思います。手の込んだ改造の割に効果は劇的ではありません。シワが出るのを覚悟で内容物を減らせば、前回のように精神が吹っ飛ぶスゴイ乳房が出来上がりますが。


柔らかさか、見た目か。

To be, or not to be : that is the question.


どちらが重要かを判断すれば、ノーマルのままで行くか、改造するのかが見えてくると思います。

この乳房は現在進行中のレンに使用します。なんとかこの強反発力を何とかする方法はないかな~と考えながら、今回はここまでといたします。

ではノシ

 
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ:日記 - ジャンル:アダルト

<< ( ゚∀゚)o彡゚ おっぱい!おっぱい!その4 // ホーム // トロトロしているうちに >>

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック URL
http://lovebody478.blog14.fc2.com/tb.php/69-b36f2f25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。