改造ありきで買ってしまったラブボディの蹂躙記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

即席フィッティングで(*゚∀゚)=3ハァハァしたところで、一気に仕上げ!と頑張ってみましたが、終わりませんでしたw 今回は接着剤を多用しましたので、その乾燥に丸一日掛かる見込みです。

とりあえずはヘッドから~
fm2-1501.jpg
丸棒状になっていた首を裁断して肉増量をしやすくしてやります。そこにスポンジブロックを適当に貼り付け、文字通り縛り首の刑w
 

 
マスクに合うようにスポンジを整形。
fm2-1502.jpg
数字はいらなかったですねw

最初はマスクの方にドールアイを設置する予定でしたが、
大きなドールアイを買ってしまったため、外見上の見た目はなんとか帳尻を合わせたものの、中はとても安定するような状態ではありませんでした。はまっていたと思ってもスポンジを突っ込むといとも簡単に外れてしまう。接着剤なんか使ったらせっかくの視線移動もできなくなってしまうというわけでスポンジに接着と相成りました。接着なのでギョロギョロというような眼球移動はできませんが、柔らかいスポンジとソフビの張り付きやすい材質がうまく組み合わさって微妙な調整程度はできます。

写真にはありませんが、後ほど顎の部分に当たるスポンジを追加しています。そうしないとヘッドパーツが安定しなかったのです。

被せるヘッドパーツの加工です。
fm2-1514.jpg
元々袋状になっていた部分の底を開いて、周りの壁でドールアイを支える予定でしたが、前に書いた通りその方法ではうまく行きません。そこで邪魔になる壁を取っ払いました。

なんか恐ろしくキモいですw
fm2-1515.jpg

ヘッドパーツを被せます。
fm2-1503.jpg
後頭部を切らなければ到底入りませんでした。その切れ目を再接着で閉じるというわけです。ぶっちゃけこんな狭い断面と力のかかる部分に接着剤なんて効かないだろうな~とは思っていましたが…

翌日見てみると…
fm2-1504.jpg
①バッチリとまってましたよ!!もちろんこれで終わりではなく、やはり接着強度に対する不安は拭い切れないので補強を入れます。
②使い古したクリアファイルを短冊状に切って接着剤を塗布して粘着テープのようなものを作ります。
③それを首の中に入れてしばらく放置。首の部分は押せば空間が空くのでテープを滑らせて設置することができます。
④後頭部に綿詰め。
⑤似たような短冊状のフリアファイル粘着テープを今度は上から貼り付け、ビニールテープで固めてしばらく放置。後頭部はうねるような曲面になっていますので、平面のテープはそのままではピッタリ張り付きません。ビニールテープで固める前に、切込みを入れて立体形状に合うようにしてやりました。
⑥数時間後最低限のビニールテープ以外を外して、接着剤の蒸散を促します。

ちょっと順番が前後しますが、パーツごとに説明を進めていきますのでご了承の程を。ソフビパーツの断面を成形します。
fm2-1505.jpg

整形といっても断面を薄くしてやって、全身タイツとの接道部分の段差を可能な限り少なくしてやるのが狙い。
fm2-1506.jpg
色とか質感はどうしようもないので、どうにかなるところは出来る限り手を抜かないようにしています(^^;

とは言ってもガタガタの切断面が物語るように、この加工は想像以上に大変でした。デザインナイフでシューーーッと切れる感じをイメージしていたのですが、そうは問屋が卸さない。デザインナイフでは鋭すぎて食い込んで貫通または表皮をちょっとだけ削って終わりという不安定さ。コントロールが効きすぎて鋭すぎるのが仇になり、ちょっと刃先をずらすだけであぼーん。結局スポンジ工作で使ったでかいカッターで押し付けるようにして削ぐのが一番はかどりました。

手のひらパーツに綿を詰めます。
fm2-1507.jpg

そして出来上がった手を本体に装着します。
fm2-1508.jpg
①手首の肉を追加。綿の詰まっていない部分まで食い込んでもらわなければいけないので、あえて大きめのスポンジブロックを無理やり接着。もっともスポンジブロックったって今までの工作で出た切れ端ですけど。このとき手のソフビパーツは少し引っ張って抜いてあります。
②カッターで整形してストッキングを被せた状態。
③全身タイツの袖すそを整形。
④結束バンドで締め付けて固定。
⑥ソフビパーツを押し戻して完成。このあと縁に接着剤を塗って全身タイツと接着します。

ポリプロピレンにも効く接着剤バンザイ!
fm2-1509.jpg
一回目はフレマネ初号機、二回目は頓挫したレン。二回目の時はグルーガンでしのぎましたが、今回はウルトラ多用途S・Uプレミアムソフトでバッチリです。さすがポリプロピレンにも効くと謳っているだけはあります。

今回の工作のMVP的存在と言っても過言ではないでしょう。臭いはほとんどないし、速乾性だし、強力だし、おまけに何にでも使える。値段が高いだけのことはありますよ。皆さんも是非!

とステマっぽいことを書いてみるテスツw

さてここからが今回のその時歴史が動いたです。
fm2-1511.jpg
このノッペリした尻に割れ目を入れたい!

ということで用意しました糸と針。
fm2-1510.jpg
糸に関しては見る人が見ればどんなもんかはわかると思いますが、私はわからないので太めのナイロン糸としか表現しようがありませんw 使用する場所は非常に力の掛かる場所ですので、綿の糸では話しになりませんからな。縫い針はぬいぐるみにも使える全長67mmの長い針。これだけあれば十分だと思ったんだよ…

この行程がこれまでのフレマネ製作全行程の中で多分一番大変でした…
fm2-1512.jpg
ボディの中で針を押す方と、出てきた針を引っ張る方の手が合わない。脳内イメージがまるで役に立たない。脳内イメージでは指と指が近くまで来ているはずなのに、片方を揺すっても、その動きが反対側の指で感知できない。つまり全然近くじゃない。指と指が触れ合っているのに、針はどこに行ってんだよ(゚Д゚)ゴルァ!!

目をつぶって左右から指先をぶつけようと思ってもなかなかピッタリ行かないのと同じです。こっちの場合、そのまどろっこしさにスポンジの中という物理的不自由さまで加わってます。おまけに片方には鋭利な針www

上の写真はオナホサックの奥底から糸を通して骨盤あたりに貫通させて尻の割れ目を作ろうと散々苦労している最中のものです。あれぇ~おかしいな~、ここから入れれば大丈夫なはずなのにぃ~と抜き差ししているうちにいつの間にか縫いつけていたという奇怪現象。

指に針が刺さって痛いなんて何度やらかしたことか。それだけで飽きたらず針先で皮膚を切り裂いたり、手のひらに血痕がついていたりとなかなか血なまぐさい行程でした。

その苦労の甲斐あって、尻の割れ目とヘソは無事完成。
fm2-1513.jpg
あんまり格好良くないですが、触り心地は(゚∀゚)アヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャ

接着剤を全身タイツに直接使っている段階でお気づきだと思いますが、今回は全身タイツの取り外しは考慮に入れていません。後々のことなんか考えていたら、完成度が低くなるばっかりですよ。まずは目的の物の完成度を追求する。

それにしても骨格の入ったヌイグルミで縫製をするってのは想像以上にという言葉では表せないほど大変なものでした。こういう骨格入りのラブドールを量産しているところもありますが、量産できるようになるまで相当の試行錯誤をしているんでしょうね。馬鹿正直にやってたらとても商売にはなりませんよ。


あとは細かいところの詰めだけです。
fm2-1516.jpg
オッパイ全周に渡って接着剤を薄く細く塗布して、全身タイツの裾を固定します。裾は切りっぱなしですのでホツレの防止と同時に、下のストッキング地が見えないようにするためです。

足先も手先と同じように加工します。
fm2-1517.jpg
接着剤を使ってソフビパーツと全身タイツを接合し、割れ目が出ないようにしました。

そしていまここ。
fm2-1518.jpg
首周りのタイツを引っ張りすぎたせいか、なで肩がすぎて、やたら首長に見えてしまいます。形状による錯覚だと思いますので、後ほど着衣して調べてみます。我慢出来ないろくろっ首なら根本的な修正が必要でしょうね…

とりあえず明日いっぱい放置です。接着剤が乾くまでは何もいじれません。

ではまた(・∀・)ノシ
 
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ:日記 - ジャンル:アダルト

<< 迷走w // ホーム // 即席フィッティング >>
はじめまして
はじめましてWIKIのタイツ話題でやりとりしていた者です。
コメント内のリンク先に飛んでびっくり
工作の人だ~!!
実は、春ごろからブログ拝見させていただいてました(笑)

フレマネもうすぐ完成でしょうが、
いちファンとして、今後も続けて欲しいところ。
さらに高みを目指して頑張ってください
期待してます。
[2013/01/15 Tue] URL // みゆっぽいど製作者 #- [ 編集 ]
Re: はじめまして
コメントありがとうございます。

フレマネは多分次の更新あたりで終わると思うんですがまだ分かりません。ヘッドをやらかしちゃいましたんで、ソフトランディングなるか否か?!という状況ですw

フレマネのあとは看板に偽りなく今度こそ最低限の改造のみで済ませるラブボディと行きたいところなんですが、資金とヤル気が払底しています。どちらかが充填されるまではしばらく放置になると思います。すいませんがよろしくお願いします。
[2013/01/15 Tue] URL // 工作ラブボディ #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック URL
http://lovebody478.blog14.fc2.com/tb.php/94-b0edfb16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。